更新・お知らせ

こども病院ドクターカーの更新について

こども病院は、地方独立行政法人長野県立病院機構が県から運営費負担金を頂き運営しており、医療機器や設備の更新にはその半額が充当される仕組みになっています。

現在のドクターカーは、平成18年に導入したもので、大切に使用してきたこともあり、整備点検を行いながら、こどもの医療に支障がないよう現在まで運行して参りました。
多くの方々に支えられているドクターカーの更新を実現するため、費用の一部を長野県みらい基金などのクラウド・ファンディングを通じて寄附を募っているところです。
おかげさまで当初の目標額を超える寄附金が集まり関係の皆様に厚く御礼申し上げます。

計画当初は、平成30年秋に更新を予定していましたが、県からの負担金と今回いただいた寄附金を併せ、平成29年4月頃から更新準備を始めることができるようになりました。

今後も小児医療の最後の砦ともいえるこども病院の医療の充実に、職員一丸となって取り組んで参りますので、変わらぬご支援ご協力をお願いいたします。

平成29年3月23日
長野県立こども病院 病院長 原田順和

TOP