更新・お知らせ

市民公開講座「健康寿命延伸は周産期から」

2019年7月13日~15日に、第55回日本周産期・新生児医学会学術集会を松本のキッセイ文化ホールで開催します。

大会のメインテーマは「健康寿命延伸は周産期から」です。
大会初日7月13日の午後に市民公開講座を開催することとなりました。

松本市は「健康寿命延伸都市」を宣言して様々な取り組みをしておられ、菅谷昭松本市長に御願いし「健康寿命延伸都市・松本の創造に向けて」の御講演を頂くことになりました。

二人目は、長野で最も著明な産科医と言っても過言ない根津八紘先生に、今まで取り組んできた生殖医療と「安心して産み育てらえる社会を目指して」の取り組みをお話頂きます。

三人目の特別講演は児童精神科医である渡邊久子先生に「周産期からの子育て支援」についてお話頂き「どんなあなたでも大丈夫。安心してお産みください。私達が全責任をもってあなたとお子さんの楽しい日々を守りましょう」とのメッセージが頂けることと思います。

御講演の合間に松本市が誇る「スズキ・メソッド」のこども達のミニコンサートも計画しています。
参加費は無料・事前登録は不要です。多くの皆様のお越しをお待ちしています。

 

第55回 日本周産期・新生児医学会学術集会会長
長野県立こども病院院長
中村 友彦

期日 会場
2019年7月13日(土)
13時50分~16時20分
キッセイ文化ホール 1F 大ホール
長野県松本市水汲69-2

演題:講師

演題 講師
13:50~
「健康寿命延伸都市・松本」の創造に向けて
松本市長 菅谷 昭 先生
14:30~
「安心して産み育てられる社会」
諏訪マタニティークリニック 院長 根津 八紘 先生
15:10~ スズキ・メソード ミニコンサート
15:40~
「周産期からの子育て支援」
渡辺醫院 渡辺 久子 先生

その他

入場無料、申し込み不要です。

お問い合わせ

運営事務局 : 株式会社コンベンションアカデミア  電話:03-5805-5261

TOP