募集・研修情報

超音波検査士養成研修

超音波検査士養成研修プログラム

長野県立こども病院エコーセンターでは、社団法人日本超音波医学会認定資格 超音波検査士を取得するために必要な知識と技術を習得するための研修及び超音波検査技術の向上を図るための専門研修を行っております。

研修概要

  1. 研修希望者は超音波医学会又は超音波検査医学会へ入会すること。(超音波検査士受験資格は受験要項を確認のこと)
  2. 社団法人日本超音波医学会「超音波検査士研修ガイドライン」に従い研修を進める。
  3. 各ステップ終了時に到達度を評価すること。
  4. 研修期間中は日本超音波医学会・日本超音波検査学会主催の講習会に参加すること。
  5. 指導は主に超音波検査士が超音波専門医の指導のもと行うこと。
  6. 研修者は定期的に超音波専門医の指導を受けること。
  7. 研修期間は基本研修1~2年、受験準備研修2年の計3~4年とし期間は到達度により適宜調整し、応用研修や小児専門研修は希望により調整すること。

研修方法

研修を院内で行う場合

  • エコーセンターにおいてプログラムの内容を習得する。

院外から要請を受けて行う場合

  • 定期的に超音波検査士が研修希望者施設を訪問し指導を行う。
  • 研修希望者は数か月おきにこども病院エコーセンターにて研修を受ける。

研修内容

  1. 実技の習得
  2. 知識の習得:超音波基礎・専門領域に関して毎回テーマを設けて習得を目指す。
  3. レポート作成:レポート作成を行うことで、検査に必要な計測や疾患に応じた検査ポイントを理解する。レポートは定期的に検査士、専門医がチェックする。

詳細はこちらをご覧ください。

お問い合せ

研修プログラムに関してご不明な点や研修希望の方は、エコーセンタースタッフまで メールでお問い合せください。

長野県立こども病院 エコセンター 宛
kodomo(at)pref-nagano-hosp.jp(代表)

お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

TOP