募集・研修情報

メッセージ

看護部長あいさつ

斎藤 依子 副院長兼看護部長 斎藤 依子

「こどもの権利を尊重し、こども達の未来につながる看護を提供します」という看護部理念のもと、急性期から在宅医療、慢性疾患患者の自立支援など、疾患や成長発達にあわせた看護の実践に取り組んでいます。

また、病院職員として大切にしたいこととして、「相手を思いやる気持ちを大切にしよう」をスローガンにしています。患者・家族、そして一緒に働く仲間に関心を寄せ、相手もそして自分も大切にできる人としての成長をめざしています。

看護教育では、専門職としての自覚を持ち、質の高い看護が実践できる自律した看護職員を育成することを教育理念とし、その為の様々な教育プログラム、支援体制を整えています。学ぶチャンスはたくさんあり、小児・周産期看護の専門職として、自分自身を成長させることができる職場です。長野県の、そして日本のこども達と家族の幸せのために、看護の力を注いでみませんか。

先輩の声

小児看護専門看護師小笠原真織さん
小児看護専門看護師 小笠原真織さん

こども達を笑顔にできる看護を目指して

小児看護専門看護師の役割は、こどもたちが健やかに成長・発達していけるような療養生活の支援、他の医療スタッフと連携した質の高い看護の提供です。病気とともに生きるこどもたちが、もてる力を発揮でき、がんばりが成長に繋がるように。病院にいても、社会の中でも、その子らしく、最大限に輝いていられるような看護を目指して、チーム全体で子どもと家族にとっての最善のケアの実践を目指しています。

2012年 小児看護専門看護師認定

手術看護認定看護師前田奈美さん
手術看護認定看護師 前田奈美さん

医療倫理・看護倫理を遵守し、患児の代弁者となる

こども病院は小児専門病院であり、手術室での治療は、ほとんどが全身麻酔下で行われます。看護師として倫理的感受性を高め、意思表示が困難である患児の代弁者となり、患児や家族の思いを手術場に反映させることを目指しています。また、手術看護の質の向上、日々進歩する医療技術に対応できる専門的知識・技術を身に付け、安全で質の高い医療を提供できるようスタッフ教育にも努めています。

PICU看護師山口美帆さん
看護師(平成26年入職) PICU 山口美帆さん

元気になった姿が私のやりがい

集中治療室では、手術後や病気が悪化した急性期の患者さんを看ています。一刻も早く回復できるように異常の早期発見に努め、様々な医療スタッフと協力して看護することを心がけています。集中治療室は患者さんの状態が良くなると病棟へ移動となるため、患者さんや家族と関わる時間は病棟に比べると短いですが、元気になった姿を見るととても嬉しく、仕事のやりがいになっています。 まだ経験も浅く未熟なため、日々の学びを深めながら、患者さんや家族の思いを傾聴して、質の高い看護を提供できるように頑張っています。

第2病棟看護師小林佳菜絵さん
看護師(平成28年入職) 第2病棟 小林佳菜絵さん

笑顔でやりがいのある毎日

長野県立こども病院は小児医療における質の高い看護を学ぶことができます。病を抱えるこども達だけでなく、そのご家族も一緒に看護していくことが大切であると考えています。様々なお子さんやご家族の方と触れ合うことで、自分自身が後押しされることも多々あり、笑顔でやりがいのある毎日を送ることができています。これからも、看護師として思いやりを忘れず成長できるよう努力していきます。

TOP