こども病院について

理念・基本方針

長野県立こども病院理念

わたし達は、
未来を担うこども達のために、
質が高く、安全な医療を行います。

5つの基本方針

  1. こどもと家族の権利の尊重
  2. 療育環境の充実
  3. チーム医療の実践
  4. 医療従事者の育成
  5. 健全な病院経営

職員の倫理要綱

  1. 職員は、すべての患者さんに対し、常に平等に、温かく接しなければならない。
  2. 職員は、十分な情報を提供した上で、医療を受ける者の知る権利、自己決定の権利を尊重しなければならない。
  3. 職員は、守秘義務を厳守し、個人情報の保護に努めなければならない。
  4. 職員は、常に患者さん中心の医療を効率的に提供しなければならない。
  5. 職員は、自己研鑽に努め医学の進歩・発展に尽くし、安全で信頼される医療の提供に努めなければならない。
  6. 職員は、長野県立病院機構職員としての自覚を持ち、お互いに協力して病院の健全な運営に努めなければならない。

患者と家族の権利憲章

こども病院は、患者・家族・医療従事者が協働し、患者の利益を守るためにこの権利憲章を制定します。 こども病院の職員は、この権利憲章を守り、患者と家族の医療への主体的な参加を支援します。

  1. 患者は、人としての尊厳を尊重される権利があります。
  2. 患者は、平等な医療を受ける権利があります。
  3. 患者は、最善の医療を受ける権利があります。
  4. 患者及び家族は、納得できるまで説明を受ける権利があります。
  5. 患者及び家族は、診療録の開示を求める権利があります。
  6. 職患者及び家族は、自ら受ける医療を選択しあるいは拒否する権利があります。
  7. 患者及び家族は、担当医以外の医師の考え(セカンドオピニオン)を求める権利があります。
  8. 患者及び家族は、プライバシーを守られる権利があります。

患者さんと家族の皆さんへのお願い

こども病院は、患者と家族が医療に主体的に参加し、お互いに理解し協力することが大切と考えています。 そのために、皆様には次のことを守っていただきたいと思います。

  1. 心身の健康に関する情報をできるだけ詳しく、正確にお伝えください。
  2. 納得のできる医療を受けるために、十分理解できるまで質問してください。
  3. 医療を選択し、決定するために、自らも情報収集に努めてください。
  4. 十分な治療効果が得られるように治療にご協力ください。
  5. 病院の規則や社会的ルールを守ってください。
TOP