更新・お知らせ

生ワクチンの分類と接種に関する注意

それぞれのワクチンの特性より、同じ「生ワクチン」でも扱いが異なるものがありますのでご注意ください。
なお、輸血をされた方、血液製剤を投与された方は、接種前に必ず主治医にご相談されることをお勧めいたします。

MR、麻しん、風しん
みずぼうそう(水痘)
おたふくかぜ
ロタウィルス BCG
次のワクチン
(他の種類)までの間隔
4週 4週 4週
手術・麻酔との
間隔
前4週・後1週 前4週・後1週 前1週・後1週
輸血・血液製剤投与から
接種までの間隔
要 (表A) 不要 不要

輸血から生ワクチン接種までの間隔

表A (Red Book2009より改編)

製剤 基準となる投与量 ワクチンまでの間隔
洗浄赤血球 なし
濃厚赤血球(Ht65%) 10ml/kg 5ヶ月
全血(Ht35-50%) 10ml/kg 6ヶ月
血小板またはFFP 10ml/kg 7ヶ月

アメリカACIPガイドラインに基づいて作成。不活化ワクチンには特に規定はない。
また国内には公的なガイドラインはない。

免疫グロブリン投与から生ワクチン接種までの間隔

IVIG投与量
40mg(15~50mg)/kg:麻疹発症予防など
200mg/kg以上:川崎病、ITPなど
3ヶ月以上
6か月以上

長野県立こども病院 予防接種センター
2015年02月20日

TOP