診療科・部門

心臓血管外科

1993年5月の病院開設から診療を開始しました。 循環器小児科とチームを組んで、内科・外科の隔たりなく一緒に診療に当たっています(循環器グループ)。
対象の患者さんは長野県だけでなく、遠くは東京都や神奈川県、大阪府などからもお見えになります。自然豊かな安曇野の地で、こども達の笑顔に癒されながら、みんなで頑張っています。

手術件数

手術日は月、火、木、金曜日です。
年間手術数は約200例で、夜間休日の緊急手術もあります。

循環器グループ

先天性心疾患の治療は、循環器小児科とのコラボレーションが必須で、当院では、心臓血管外科と循環器小児科が循環器グループを形成して診療に当たっています。

こども病院の開設以来の手術総数は、2000例を超えています。開設の年に手術した患者さんは、成人して大人の入り口にさしかかっています。こどものうちからの先を見据えた治療が必要であるとともに、大人になってからの適切な管理も大切です。そうした意味で、先天性心疾患を持つ大人たちのための診療施設も必要になってきています。

長野県立こども病院 循環器グループは、新生児から成人までの患者さんたちに、息の長い治療を行っていく所存です。

医師の紹介

副院長 竹内 敬昌たけうち たかまさ

医療者と患者さん・ご家族が同じ目線に立って治療を進めていく、患者さんの生活全体を皆でサポートする、をモットーに診療を行っています。

竹内敬昌
主な経歴
安曇野市豊科出身。1982年 筑波大学医学専門学群卒業。
東京女子医大心臓血管外科(循環器小児外科)入局。
1993年~2002年 長野県立こども病院心臓血管外科副部長
その後岐阜県総合医療センター(小児心臓外科部長、2018年より副院長)に勤務
2019年7月より 長野県立こども病院副院長
所属学会・その他
医学博士、外科専門医、指導医、心臓血管外科専門医、修練指導者、日本胸部外科学会指導医、日本小児循環器学会評議員

心臓血管外科 部長小沼 武司こぬま たけし

患者さんにとってベストな治療をこころがけています。

小沼武司
主な経歴
東京都出身。1996年秋田大学医学部卒業。同年4月東京女子医科大学 心臓血管外科入局。以降、愛媛県立中央病院、綾瀬循環器病院、富山県立中央病院にて研修。
2005年 米国Michigan大学小児心臓血管外科 臨床留学
2008年 東京女子医科大学心臓血管外科 助教
2013年 三重大学胸部心臓血管外科 講師、准教授をへて
2020年5月 現職
所属学会・その他
日本外科学会専門医、指導医、心臓血管外科専門医、修練指導者、日本循環器学会専門医、日本小児循環器学会評議員、成人先天性心疾患学会評議員、医学博士

心臓血管外科 副部長鹿田 文昭しかた ふみあき

これまでの経験を生かし、最善の治療をできるように心がけています。

主な経歴
愛媛県松山市出身。2001年愛媛大学医学部医学科卒業。
愛媛大学附属病院、愛媛県立中央病院で外科研修
国立循環器病研究センター心臓血管外科、愛媛大学心臓血管外科
カリフォルニア大学フランシスコ研究留学、セントビンセント病院(オーストラリア、シドニー)、クイーンズランド子供病院(ブリスベン)で臨床フェロー
所属学会・その他
日本心臓血管外科専門医、日本外科専門医・認定医

心臓血管外科 フェロー山本 隆平やまもと りゅうへい

準備中です

主な経歴

所属学会・その他

TOP