診療科・部門

整形外科

主な対象疾患

先天性股関節脱臼、筋性斜頚、先天性内反足、O脚、ペルテス病、大腿骨頭すべり症など小児疾患の診療を行っています。小児整形外科3大疾患(先天性股関節脱臼、筋性斜頚、先天性内反足)の頻度は減少していますが、治療難度が増した症例の比率が高くなっており、適切かつ新しい治療の提供を心がけています。
特に先天性股関節脱臼の治療は合併症の発生率が低く治療成績が優れた開排位持続牽引治療を取り入れ積極的に行っています。また低身長や下肢の短縮、下肢の変形に対しては患児の年齢・学校生活を考慮し骨延長術・成長軟骨抑制術・矯正骨きり術を行っています。

さらに側弯症などの脊椎疾患や上肢の先天性疾患は信州大学医学部整形外科と連携して治療を行っています(特殊外来)。

特殊外来

脊椎の病気(脊柱側弯症など)や生まれつきの手の病気については、信州大学附属病院整形外科からの支援を受け、下記の特殊外来を行っています。

初診の方はまず初診外来を受診して頂き、後日特殊外来受診となります。

診察について 側弯症外来
担当:高橋 淳 准教授、大場 悠己 医師
診察日:毎月 第2火曜日(午後)

手の外科外来
担当:加藤 博之 教授
診察日:不定期

手術件数

2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
年間手術数 99例 110件 129件 106件 127件
内訳 先天性股関節脱臼 33例 48例 30例 20例 15例
ペルテス病 2例 3例 3例 3例 2例
大腿骨頭すべり症 3例 3例 1例 3例 1例
骨延長 22例 21例 25例 25例 29例
骨軟部腫瘍 5例 5例 3例 10例 9例
内反足 16例 22例 50例 40例 45例
筋性斜頚 3例 3例 2例 1例 1例
骨折 6例 2例 8例 1例 3例
その他 10例 3例 7例 3例 22例

こどもの整形外科 ワンページレクチャー

医師の紹介

整形外科 部長松原 光宏まつばら みつひろ

主な経歴
近畿大学卒業。
所属学会・その他
(専門医資格)日本整形外科学会専門医
(所属学会)日本整形外科学会 日本小児整形外科学会 日本小児股関節研究会

整形外科 副部長酒井 典子さかい のりこ

長野県内の病院で今まで勤務して参りました。
1人1人の患者様にとって今何が必要なのかを一緒に考えていけるような医療ができればと思っております。

主な経歴
福岡県出身。信州大学医学部卒業。
信州大学医学部附属病院、飯田市立病院、安曇野赤十字病院、新生病院などに勤務し、2017年より勤務。
所属学会・その他
医学博士、日本整形外科学会専門医、日本足の外科学会、日本手外科学会、日本小児整形外科学会、日本リハビリテーション医学会、日本骨粗しょう症学会

整形外科 フェロー久米田 慶裕くめた よしひろ

診療はもちろんですが、それ以外の所でもお子さんが笑顔で過ごせるようがんばります。

主な経歴
長野県長野市出身。信州大学繊維学部、信州大学工学系研究科修了。
埼玉医科大学医学部卒業。
長野市民病院、信州大学附属病院。
所属学会・その他
日本整形外科学会
TOP