診療科・部門

総合周産期母子医療センター

当院は、長野県で唯一の総合周産期母子医療センターに指定されています。
総合周産期母子医療センターは以下の三点が重要な役割です。

  1. 胎児・新生児救急医療の長野県における最後の砦として、胎児診断、新生児医療の中心的役割を果たしています。
  2. 標準的な新生児蘇生法の普及、正期産児の出生直後のケアー、早産児の診療など、長野県における周産期医療従事者の研修・教育をおこないます。
  3. 新生児期より長期入院を必要とする小児や、退院後の成長・発達のフォローとケアーが必要な児に対して、多職種と連携していつでも、どこでも医療が受けられるように長野県全体のシステムを構築しています。

周産期医療とは

妊婦さんを見守る人々

周産期医療とは、妊娠22週以降の妊婦さんと胎児、そして出生後1ヶ月までの赤ちゃんに関わる医療です。

産科医、小児科医、助産師、看護師だけでなく周産期医療は多くの職種の人の力で支えられています。例えば、女性の妊娠前、妊娠中の栄養と喫煙は、胎児の先天奇形や成長に大きな影響があることがわかっており、10代後半からの女性の栄養・保健指導が重要です。また低体重や先天奇形を持って生まれた赤ちゃんの精神運動発達の促進には、理学療法士、作業療法士、心理療法士、保育士の関わりが欠かせません。

周産期・小児医療の中心は言うまでもなく母と子です。お父さんの力も欠かせません。母子の回りには家族が存在しますが、家族の問題、特に心の問題は母子に大きな影響をおよぼします。赤ちゃんは一人では生きていけないので、家族の中で最も弱い立場にあり、もし親や家族に様々な問題が生じた場合、最初に犠牲になるのは子どもです。

子どもの健やかな成長発達のために、医療・福祉・教育・行政がトータルな視点から横断的に「かわいい子ども達を守る」ことが信州の未来を開くのだと思います。

長野県(日本、世界)で出生する子ども達の心と体を守ることが、長野県立こども病院総合周産期母子医療センターの「使命」であり、私達はここで働けることを「誇り」に思っています。

センター長の紹介

副院長兼総合周産期母子医療センター長中村 友彦なかむら ともひこ

長野県のお母さんが安心して妊娠・出産できる周産期医療と、出生してきた赤ちゃんが皆幸せになれる新生児・小児医療を提供します。

中村友彦
主な経歴
松本市生まれ、松本市育ち。
1984年 信州大学医学部医学科卒業
1993年 長野県立こども病院 新生児科
1995年~1997年 カナダ、トロント大学呼吸生理学、トロント小児病院新生児研究部門研究員
2002年 長野県立こども病院 新生児科部長
2004年~現在 長野県立こども病院 総合周産期母子医療センター長
2011年~現在 長野県立こども病院 副病院長(医療安全、医療相談、感染制御、生命科学研究センター 担当)
所属学会・その他
医学博士、小児科専門医・指導医、信州大学医学部新生児学講座特任教授、日本周産期・新生児医学会理事、日本新生児成育医学会理事、日本新生児医療連絡会会長
TOP