診療科・部門

放射線科

放射線科では、画像診断と放射線治療を行っています。

画像診断

放射線診断専門医2名(古川智子、近藤良明)で、すべてのレントゲン写真・CT・MRI・核医学検査の画像診断と超音波検査(心臓・産科以外)を行っています。

画像診断件数

平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
単純X線写真 21,244 22,467 21,581 20,087 20,888
CT 1,584 1,616 1,481 1,487 1,563
MRI 1,860 2,169 2,404 2,286 2,205
シンチグラフィー 165 307 322 242 360
超音波画像診断 657 697 893 901 817

医療被ばく低減施設

放射線の影響が大きい小児が対象であることから、医療被ばく低減には特に配慮しています。放射線被ばくの無い超音波検査を有効に活用したり、放射線技術科と協力して撮影方法を工夫しています。

放射線治療

信州大学からの支援を受け、放射線治療専門医(小岩井慶一郎)による診療を行っています。主に小児がんを対象としており、外科手術・化学療法とともにプロトコールに沿った放射線治療を行っています。

医師紹介

放射線科 部長古川 智子ふるかわ ともこ

安全で適切な検査と診断を心がけていきたいと思います。

古川智子
主な経歴
東京都出身。信州大学医学部卒業。
信州大学医学部附属病院および県内関連病院で勤務。
2015年4月 現職
所属学会・その他
日本医学放射線学会 放射線診断専門医、日本核医学会 核医学専門医・PET核医学認定医、日本小児放射線学会、日本超音波医学会。
TOP