診療科・部門

アレルギー科

近年増えているといわれる食物アレルギーを含むアレルギー疾患に対して、医師、看護師、栄養士、薬剤師のチームで診療に取り組んでいます。 当院には、日本小児臨床アレルギー学会認定資格をもった小児アレルギーエデュケーターが在籍しており、アレルギーをもつ患者さんの自宅でのケアなどについて専門に指導しております。

主な対象疾患

  • 食物アレルギー(食物依存性運動誘発アナフィラキシーを含む)
  • アトピー性皮膚炎
  • 気管支喘息
  • アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎
  • アナフィラキシー

食物アレルギー

食物アレルギーは血液検査や皮膚テストなどだけでは正しく診断することはできません。
検査結果のみで判断すると、不必要な除去を続けてしまう可能性があります。疑わしい食材を実際に食べて症状が出てしまうのか、そうでないのかを知ることが重要です。

しかし症状が出る可能性がある食材を自宅で摂取するのはリスクを伴いますので、医療機関で行う原因食物または疑わしい食材を食べる試験=食物経口負荷試験が必要になります。
また、食物アレルギーの確定診断がついている場合でも、少量であれば症状が出ない場合もあります。そのような安全に食べられる量の決定のためにも経口食物負荷試験を行います。

アドレナリン自己注射器(エピペン®)講習会

病院外での症状誘発時に備えて、適応がある方にはアドレナリン自己注射器(エピペン®)の処方をします。緊急時に適切に使用できるように、定期的に院内で講習会を行っております。医師、薬剤師による講習の他に専門の看護師(小児アレルギーエデュケーター)によるシミュレーションも行っており、臨場感をもって実技を習得できます。

栄養食事指導

除去が必要な食物の主な栄養素の代わりになるもの、アレルギー表示の見方、献立の立て方など、食物アレルギーの管理において中心となる情報について提供することで、患者さん及びご家族の不安を解消できるよう栄養士が相談をお受けします。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の治療を、日本アレルギー学会と日本皮膚科学会によるガイドラインに沿って行います。

  1. スキンケア

    専門医と専門の看護師(小児アレルギーエデュケーター)が、皮膚の洗浄など自宅での具体的なケア方法について実演しながら指導を行います。

  2. 薬物療法

    ステロイド外用薬を塗布して、皮膚の炎症を抑えます。ゆくゆくはステロイド外用薬を使用しなくても皮膚がよい状態に保たれることが目標ですが、外用薬を塗る量、塗り方、終了の方法などが正しくできないと皮膚状態の改善と悪化を繰り返してしまうことになります。 ステロイド外用薬は正しく使用すれば副作用はまず起こりません。実際の塗り方を実演しながら指導を行います。

気管支喘息

小児喘息は、治療管理薬の進歩とガイドラインの普及により、吸入ステロイド薬を積極的に使用し日頃から上手にコントロールすることで、運動を含めて生活に制限なく生活を送ることができるようになってきています。重症なお子さんに対しては抗IgE抗体(ゾレア®)、抗IL-5抗体(ヌーカラ®)の導入も検討します。 治療の適正を判断するためにご本人の年齢や経過に合わせて必要な検査を行い喘息の状態を評価し、治療の強化または減量をします。

アレルギー性鼻炎・結膜炎

アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎は通年性(ハウスダスト、ダニなど)、季節性(スギ花粉など)のものがあります。症状に合わせて内服薬(抗ヒスタミン薬)、点鼻薬、点眼薬による治療の他に、引き起こされる症状の緩和を目指す舌下免疫療法(ダニ、スギ)を行っています。

医師の紹介

アレルギー科 部長小池 由美こいけ ゆみ

食物アレルギーなどを中心に外来での診療や入院での負荷試験を行っていきます。アレルギーで悩んでいる方の助けになれればと思います。よろしくお願いいたします。

主な経歴
長野県出身。2005年弘前大学医学部卒業。
2005年 長野赤十字病院初期研修医
2007年 長野県立こども病院後期研修医
2009年 洛和会音羽病院小児科勤務
2011年 国立病院機構相模原病院小児科勤務
2014年より長野県立こども病院勤務
所属学会・その他
日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医、日本小児アレルギー学会

アレルギー科 フェロー德永 舞とくなが まい

お子様、ご家族の日常生活がより良いものになるよう、お手伝いできればと思います。
専門はアレルギーです。よろしくお願いします。

主な経歴
長野県長野市出身。東京女子医科大学医学部卒業。
2011年~東京女子医科大学八千代医療センターで初期研修、小児科勤務
2017年~2018年 国立病院機構相模原病院 小児科に勤務
2019年より現職
所属学会・その他
日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会、日本小児アレルギー学会
TOP