診療科・部門

新生児科

新生児科は県内外や海外からの医師や大学医学生の研修も随時引き受けており、ここ数年はチェルノブイリ、インドネシア、カンボジア等の海外の医師が当科で研修をしています。また、カンボジアには当科医師や看護師が訪問指導も行っており、国際医療協力も行っております。

当科は開院当初より長野県の地域の周産期施設とのネットワーク作り、産科・小児科医師、助産師・看護師の教育と育成、療育・教育と連携した成長・発達フォローアップ体制作りを積極的に行っております。

主な対象疾患

長野県唯一の新生児への手術対応が可能な総合周産期母子医療センターとして新生児救急を担っており、24時間体制で救急医療を供給しています。

また、院内出生児の治療だけでなく、院外からの新生児緊急搬送依頼に対し、県内唯一の新生児対応の高度救急救命ドクターカーにて対応しています。
松本・安曇野周辺の小児科医師の少ない、または、いないお産施設のバックアップを行っており、看護師・助産師・産科医師等からの相談窓口業務や必要時リスク症例の緊急分娩立ち会い等を行っています。
当科では長野県内出生の超低出生体重児の約7割、緊急治療を要する先天性心疾患、外科疾患、脳外科疾患のすべての治療を、各専門家と協力して行っています。

入院患者数

平成28年度入院患者数 424人

(内訳は以下の通り)

平成28年度入院患者数

ドクターカーによる新生児総搬送数

平成28年度ドクターカーによる新生児総搬送数 297件
内訳 救急迎え搬送 188件
安定期送り搬送 93件
三角搬送 16件

当科での急性期治療が終わって病態的に落ち着いたお子さんへの継続的な治療は各地域の病院にお願いをしています。急性期の患者さんをすべて引き受けるために、送り搬送システムは不可欠となっています。ご理解とご協力をお願いいたします。

特殊外来

胎児診断症例数が増加しています。当院新生児科医師は胎児期より積極的に分娩場所の相談、治療方針の決定、ご両親への説明などに関わっており、退院後も当科発達外来にて発達フォローを行っています。 特に出生体重が1500g未満の児に対しては、長野県全下で統一された極低出生体重児フォローアップ事業信州モデルを構築しており、リハビリテーション科と連携された質の高いフォローアップを行っています。 極低出生体重児の外来フォローアップ共通手帳を作成し、誰もがダウンロードできるように専用サイトを運用しております(たいせつなきみ)。また、フォローアップ手帳の英語版も作成致しました。

たいせつなきみのホームページへ

平成27年度より仮死で当科入院した児に対してもリハビリテーション科と連携した外来フォローシステムを構築し運用を開始しました(カンガルー外来)。

講習会

我々は新生児蘇生法(NCPR)の講習会を定期的に地域で開催し、地域の新生児蘇生の技術更新に努めてまいりました。現在講習会は80回以上開催され、述べ受講者は1,500名以上となりました。現在は新生児蘇生インストラクター養成講習会の拠点施設としても活躍しています。

また、県内の小児科・産科医師、看護師・助産師等を対象とした周産期カンファレンス(月1回開催、計280回以上開催)、全国の新生児科医師・看護師・助産師・新生児医療に関わる医療関係者や企業を対象とした新生児呼吸療法モニタリングフォーラム(年1回開催、計18回開催)、新生児看護セミナー、保健師研修会、周産期母子医療センター看護連絡会等を定期的に開催しています。

ご両親、ご家族の皆様へ

ご両親、ご家族の皆様へ

赤ちゃんにとって最も大切な人は、お父さんとお母さんです。
これは、赤ちゃんに病気が有る無しに関わらず変わりありません。
そのため、赤ちゃんに最も大切なご両親が、
24時間いつでもご面会できる体制を整えております。
また、ご家族が赤ちゃんのことが心配になったときには、
24時間いつでも電話で赤ちゃんの様子をお伝えすることができます。

面会のときには、赤ちゃんにたくさん話しかけてください。
そして、赤ちゃんのオムツを交換したり、ミルクをあげたり、積極的に赤ちゃんのお世話をしてください。私たちは、赤ちゃんとご両親がたくさん触れ合える時間を大切にしています。また、赤ちゃんには積極的に母乳を与えるようにしていますが、これは、お母さん以外には赤ちゃんにできないことです。

赤ちゃんの入院生活が快適に過ごせるように、照度や騒音、感染への配慮をしています。その他にも、体位交換(ハンドリング)やタッチケアなど赤ちゃんに“いい気持ち”が提供できるように心がけています。
赤ちゃんの体調がよければ、抱っこやカンガルーケア(ご両親の肌に直接赤ちゃんを抱っこすること)も行えますので、スタッフに声をかけてください。

赤ちゃんの状態が落ち着けば、お家の近くの適切な病院に当院救急車でお戻しします。 当院では、転院または退院の準備のために、ご家族と赤ちゃんが一緒に過ごすことができるファミリーケアールームをご用意しております。ここでは、退院後の様子をイメージしながら、ご両親が赤ちゃんの世話ができるようにお手伝いをさせていただきます。また、退院した後も、お家の近くの適切な病院とタイアップしながら赤ちゃんの成長発達をフォローアップしていきます。

お預かりしている赤ちゃんとご家族との大切な時間が少しでも有意義になるように、
1日でも早くご家族の元に赤ちゃんが帰れるように、スタッフ全員でお手伝いさせていただきます。

リンク

長野県極低出生体重児フォローアップサイト たいせつなきみ 新生児呼吸療法・モニタリングフォーラム

新生児呼吸療法モニタリングフォーラムの事務局として活動中です。

クリニカルフェロー・スタッフ募集

新生児科では、クリニカルフェロー・スタッフを募集しています。

フェロー・スタッフの募集

医師の紹介

新生児科 部長廣間 武彦ひろま たけひこ

長野県の新生児救急医療を引き続き守ります。困ったときは連絡をください。

廣間 武彦
主な経歴
医学博士 信州大学医学部臨床教授、1994年信州大学医学部卒。
2003~2004年 カナダ・セントマイケル病院呼吸研究部門
2005年 長野県立こども病院新生児科
2009年 長野県立須坂病院小児科部長
2009年 同副部長
2011年 同部長
所属学会・その他
日本未熟児新生児学会評議員、日本小児科学会専門医、日本小児科学会指導医、日本周産期・新生児医学会 新生児専門医、日本周産期・新生児医学会 周産期新生児指導医、外国人医師臨床修練指導医(厚生労働省)、米国小児科学会認定 Neonatal Resuscitation Program provider、日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生コアインストラクター、新生児呼吸療法モニタリングフォーラム副事務局長、長野県母子衛生学会常任理事、小児在宅モニタリング研究会世話人

新生児科 副部長宗像 俊むなかた しゅん

出生後はもちろん、出生前から赤ちゃんにとって最善の医療を提供できるように努めます。NICUから退院した後は、外来で成長をご家族と一緒に見守っていきます。

主な経歴
日本大学医学部卒業。信州大学医学部附属病院などに勤務。
2015年 勤務
所属学会・その他
医学博士、日本小児科学会 小児科専門医、日本周産期・新生児医学会 周産期専門医(新生児)、新生児蘇生法「専門」インストラクター、日本新生児成育医学会 評議員、日本小児保健協会、日本産婦人科・新生児血液学会。

新生児科 医長亀井 良哉かめい よしや

赤ちゃんと、そのご家族のために全力で頑張ります。

主な経歴
2007年北海道大学医学部卒業。淀川キリスト教病院で初期研修および小児科後期研修。大阪府立母子保健総合医療センターで新生児科研修。
2012年4月 長野県立こども病院 勤務
所属学会・その他
日本小児科学会 専門医、日本周産期新生児学会 専門医

新生児科 医長関 聡子せき さとこ

赤ちゃんとご家族にとってより良い医療を提供できるように頑張ります。

主な経歴
滋賀県草津市出身。2009年富山大学医学部卒業。
2009年~ 佐久総合病院
2012年 長野県立こども病院
2012年10月~2014年 佐久総合病院
所属学会・その他
日本小児科学会、日本周産期新生児医学会、日本小児感染症学会

新生児科 医長小川 亮おがわ りょう

赤ちゃんと家族の幸せのための寄り添う医療を心がけています。

主な経歴
滋賀県草津市出身。福井大学医学部卒業。
高槻病院、埼玉医科大学総合医療センターなどに勤務し2016年10月より勤務。
所属学会・その他
小児科専門医。新生児蘇生法「専門」インストラクター。
日本小児科学会、日本周産期・新生児学会、日本新生児成育医学会、日本小児救急医学会

新生児科 医長田中 明里たなか あかり

多忙な中でも、日々赤ちゃんたちの笑顔やしぐさに癒されています。
ひとつでも多くの赤ちゃん、ご家族の笑顔が増えるよう、最善を尽くします。

主な経歴
福岡県出身。北里大学医学部卒。
北里大学病院、国立成育医療研究センター 総合診療部 などに勤務。
2016年 長野県立こども病院 勤務
所属学会・その他
日本小児科学会、日本小児循環器学会、日本周産期新生児医学会、日本未熟児新生児学会、NCPRプロバイダー

新生児科 フェロー小久保 雅代こくぼ まさよ

準備中です

主な経歴

所属学会・その他

新生児科 フェロー武居 裕子たけい ゆうこ

お子さんとご家族が「健やか」に過ごせますよう、お手伝いできたらと思います。

主な経歴
長野県出身。2004年宮崎大学医学部卒業。長野赤十字病院、国立成育医療センター、長野県立こども病院、佐久総合病院を経る。
2011年9月 神経小児科研修
2015年4月 現職
所属学会・その他
日本小児科学会、日本小児神経学会、日本未熟児新生児学会、日本周産期新生児医学会、日本小児科学会専門医、新生児蘇生法(NCPR)プロバイダー

新生児科 フェロー米原 恒介よねはら こうすけ

長野県の周産期医療に貢献できるよう努力します。

主な経歴
2012年 徳島大学卒業
2012年~2014年 徳島赤十字病院 初期研修医
2014年~2015年 長野赤十字病院 小児科
2015年~ 長野県立こども病院
所属学会・その他
日本小児科学会、日本周産期・新生児医学会、日本新生児成育医学会

新生児科 フェロー清水 福太朗しみず ふくたろう

準備中です

主な経歴

所属学会・その他

新生児科 フェロー糸島 亮いとしま りょう

大学時代を過ごした信州へ戻ってきました。お子さんが健やかに成長できるよう、精一杯頑張ります。宜しくお願いします。

主な経歴
東京都出身。信州大学医学部卒業。手稲渓仁会病院、北海道立子ども総合医療・療育センター、市立札幌病院などに勤務し、2017年より勤務。
所属学会・その他
日本小児科学会、日本周産期・新生児医学会、日本新生児成育医学会、NCPRプロバイダー
TOP