診療科・部門

遺伝科

現在、常勤医の不在につき、当面の間、院外初診は控えさせていただいております。
なお、ダウン症グループ外来(ひまわりグループ)への参加のための初診は可能です。

主な対象疾患

遺伝科ではさまざまな先天異常(染色体異常症、遺伝性疾患、原因不明の多発奇形症候群など)を持つお子さんの診療を担当しています。
ヒトとヒトの違い(多様性)を理解し認めあえる社会に繋がることが大きな目標です。
ご家族がお子さんの状態を正しく把握し、見通しを持って関わり、正しい理解に基づいて家族全体のことを考えられることが大切と考えています。

主な診療

先天異常疾患の正確な診断

丁寧に全身の診察を行い、染色体検査や遺伝子検査を検討し正確な診断を目指します。
生命科学研究センターと連携し、マイクロアレイ検査にも対応しています。

疾患・症候群ごとに合わせた健康管理

各疾患、症候群に関わる正確な情報に基づいて、合併症の早期発見、予防的健康管理、またその治療について一緒に考えていきます。成長と発達のフォローを院内の他の診療科、コメディカルスタッフとともに行っていきます。
お子さんとそのご家族が地域社会で見通しを持って子育て、生活ができるよう他の地域医療機関・保健行政などの関係機関の方々とのつながりも大切にしています。

ダウン症グループ外来(ひまわりグループ)

リハビリ科医師、リハビリ療法士、保育士、外来・病棟看護師、療育支援部スタッフとともにグループ外来を行っております。
対象は歩けるようになる前のダウン症の乳幼児のお子さん(0~3歳くらいまで)です。
参加をご希望される方は原則、事前に遺伝科外来の受診が必要となります。
詳しくはひまわりグループのページをご覧ください。

ひまわりグループのページ
TOP